2005年 08月 05日

大人たちの高校野球(from"最強コンビ!!")

明徳 夏の甲子園史上初の出場決定後辞退 (スポーツニッポン) - goo ニュース

ここ最近、かつてのような「怪童」と呼ばれる選手が減ったこともあってか、高校野球への注目度は明らかに低下しているように
思えています。しかし、2005年の高校野球は開幕の日を前にして、よろしからざる形での注目を浴びることになったわけです。

高校球児がタバコを吸ったり暴行を行ったりしたために、高野連が何らかの処分を下すことは、これまでにもありました。
こうした行為は、どちらも厳しい練習から逃げ出すための捌け口なんだと思われます。だから今回の事件の発端自体は、
残念ながら一般的なことになりつつあります。

むしろ、問題なのはそれを戒めるべき身近な大人にあると言うべきでしょう。当然ながら、悪事を働いた選手に対して、
何らかに厳しいことを言ったものだと信じたいです。一方で、高野連の規則に逆らって黙っていたことで、甲子園のまさに
すぐ近くに来ているにも関わらず、開会式を前に現地解散という事態になったのです。生徒の問題(そう、選手ではなくて、
あくまでも生徒)は部内もしくは校内の内部事項ですが、高野連に対して隠すことで、他の忠実に監督の指導を受けてきた
生徒たちが憂き目を見る残念な結果になりました(この点に関して、高野連が甲子園出場決定校であっても、特別扱いを
しなかった点は、評価すべきと思います)。

明徳義塾に限らず、高校球児にとっては甲子園のグラウンドに立つこと、そしてあの球場で優勝することが最大の夢。
プロ入りやメジャーリーグ行きはその先の目標であると思います。一方で学校関係者などの大人たちの夢は、
子供の数が少なくなっていく時代で、甲子園に出場することでの宣伝効果ではないでしょうか。高校野球は他の
全国高校スポーツ大会と違って、全試合が全国向けに中継されます。その宣伝効果は絶大と言えます。
恐らく明徳義塾は否定したいのでしょうけど、それでも心のどこかしらにそうした考えが根付いているために、
規則を無視して地区大会の出場も決めたのだと思われます。

最近は一般企業という大人の世界でも、不祥事の隠蔽により物事が大きくなり、余計に悪い方向へ向かう事件が
いくつも起こっています。明徳義塾高校が、実際どういった学校かはわかりませんが、そうした組織と同類項だと
この件のみで判断するつもりはありませんが、校内や部内に緩みがあったことは否めないでしょう。当然、タバコを吸ったり
暴行事件を起こした生徒も悪いのですが、大人の間違った理論で、本来主役である球児全員の夢を摘んでしまった責任は、
あまりにも大きいものとなりました。同時に、たなぼた式に急遽出場が決まった高知高校にとっても、複雑な感情といらない
注目を浴びさせる結果となってしまいました。
[PR]

by nono_aibon | 2005-08-05 13:58 | その他スポーツ


<< Unsung heroes l...      パルメイロ問題 >>