人気ブログランキング |

page4

page4.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2006年 03月 14日

(Real) March Madness?

日本、判定変更に泣く 「見たことがない」王監督 (共同通信) - goo ニュース
USA opens Round 2 with win on A-Rod's clutch hit(ESPN)
Japanese team has beef with umpiring(EPSN)
WBC suffers from using minor league umpires(CNNSI)
To Japanese, California Scheming; to U.S., a Good Call(New York Times)


今回の「ワールド・ベースボール・クラシック」には、確かにメジャーリーガーがたくさん出ています。グラウンド上の盛り上がりを見た、
欠席組のメジャーリーガーの中には、昨日の日本対アメリカ戦が終わった後、ダッグアウトへ電話を掛けた選手もいたほどです。
一般的なアメリカ国民の関心は完全にNCAAバスケットへ向かっていますが(だいたいどのスポーツサイトもトップニュースは
NCAAトーナメントの予想で持ちきり)、メジャーリーガーの関心は高まっているようです(あのボンズですら今更ながら「オレも
出たかった」と言うほど)。

しかしながら、今大会の審判団には、ジョー・ウェストやエド・モンタギューもいなければ、あの「悪名高い(?)」ジェフ・ネルソンや
エンゲル・ヘルナンデスなどという名前はありません。現役のメジャーリーグ所属審判が入っていないのです。「現役の」というのは、
たとえば日本対アメリカ戦の主審ボブ・デビッドソンは、もともとメジャーリーグの審判だったのですが、1999年の労使交渉で職を失い、
現在はマイナーリーグで審判を行っています(この形で職を失った審判は計22人)。マイナーリーガーがメジャーに昇格したいように、
マイナーリーグの審判もメジャーリーグで審判するために相当必死です。しかし、そんなことはアメリカ人に大ブーイングされた
王貞治監督と日本チームにとっては、マイナーだろうがメジャーだろうが審判であることには変わりないので、何も慰めにも
ならないのですが。

日本から見たら、もしかしたら2回の審判のジャッジで負けた感じを否めないかもしれません。1回目は6回裏のデレック・リーの
左中間への2ランHRの前、清水直行がスピットボールについて注意を受けます。日本の何倍も不正球に厳しいメジャーリーグでは、
神聖なマウンド上で指につばを付ける行為は不正とみなされます(マウンドから出れば大丈夫。よく考えれば結果は同じなのだけど)。
なのでこの場面での注意は正当ですが、これで清水がリズムを崩した印象を受けるのも真なり、といったところでしょう。

しかし、いろいろと言われている8回表の犠牲フライの件は何と言うべきでしょう?確かに自分は日本のプロ野球は参考程度にしか見ないし、
その一方でメジャーリーグは大好きなので細かくチェックしています。それでも仮にあのジャッジメントをアメリカ側に立って
弁護しろと言われても、はっきり言って無理です。むしろ、なぜ国際大会なのに審判はex-メジャーがいるにしても、
マイナーリーグの審判を使わざるを得なかったのか(オリンピックのアイスホッケーでも審判はNHLの審判を使っているのに)、
またなぜ国際大会なのに、オールスターや「ワールドシリーズ」などに準ぜずに、4人「しか」審判がいないのか、これらの点こそが
引っかかります。最初の大会だから、この後詳細を詰めればいいじゃないかという言い訳も成り立たないわけではないですが、
こうした点こそ勘定面以上に前もって詰めておくべきでしょう。

しかし何を言っても結果が覆るわけでもなく再試合が予定されるわけでもありません。それにメジャーリーグの審判を使っていたとしても、
昨年や一昨年のポストシーズンを見ればわかるように、かなり微妙なジャッジメントで流れが変わったことが幾度とあります。
いやもっと言えば、野球に限らなくても、大試合になればなるほど、慎重なジャッジメントが要求される反面で、流れを変えてしまう
疑惑の判定がなされることは、これまでに何回あったことでしょう?自分の中では、この試合でのジャッジメントもそうした中のひとつだと
割り切るほかありません。日本チームは残り2試合勝って、次のラウンドでまたアメリカと当たることを祈るのみでしょう。

by nono_aibon | 2006-03-14 05:48 | MLB
2006年 03月 09日

BALCOと性悪説

もしかしたら、カナダに番狂わせをされたWBCのアメリカチームはバリー・ボンズがチームメイトでなかったことに
ホッとしているかもしれません。もしアメリカがボンズを擁しながらも今回のようにカナダに負けたならば、そしてその前日に
今回と同じような暴露本”Game of Shadows”発売が明るみにされていたら、ボンズの増強剤は何も効き目が
ないじゃないかと言われてしまうからです。

8日(日本時間)の朝起きてメールをチェックしたら、見慣れない"CNNSI Breaking News"というメールがありました。
"CNN Breaking News"ではありません。前日にカービー・パケット死去のときですら"CNNSI~"ではなく、
"CNN~"だったのに、何事があったのかと思ったら、ボンズはやはり増強剤を使っていたというニュースでした。
いや、ニュースというよりはこの”Game of Shadows”の宣伝だったのかもしれませんが。

とにかく、この本が某国民主党が出してきた「ガセメール」よろしく、サンフランシスコ・クロニクルの2人の記者が
ガセネタを掴まされて書いたものかどうかは、今の段階では何とも言えません。WBCを楽しんでいるバド・セリグも、
この本の真性、そしてボンズが本当に増強剤を使っていたのか否かを調査する旨を述べています。たとえボンズが、
ジャイアンツの黒いヘルメット以上に「黒」だしても、今の段階では少なくとも「まだ」グレーです。

いや、多くの人がボンズは「まだ」グレーなのかと言いたくなるのもわかります。増強剤を使ってで完全なる
グレーにみなされてから、早くも約1年半になろうとしています。その間にボンズはメディアの取材に悩み、怪我に悩み、
自らの進退に悩み、そしてメディアやファンに受けが悪いことに悩んで変なコスプレをしたりと、いろいろとやってきました。
しかしそんな苦悩や努力はボンズのホームランが海に消えるごとく、水泡に帰そうとしています。人々が予想もしくは
期待していたように、ボンズが「やっと」黒になる時が近いようです。

ちょうど1年前には、ワシントンの下院でステロイド問題の公聴会が開かれました。ボンズは欠席をしたのですが、
ボンズ以外で疑わしい元選手および現役選手が証言を行いました。このときにも書いたように、立法府が独自に
公聴会を開くこと自体は悪いことではないと思います。ただ、この当時のマスコミは、誰が増強剤を使っていたかという
いわば「犯人探し」を、まるで「誰が赤か?」というマッカーシズムの時代のような雰囲気で行われたことが気になりました。
そこで何人かのスター選手の名前が出ました。それにはラファエル・パルメイロのように黒だった選手もいましたが、
一時期名前が上がったトッド・ヘルトンは、あるラジオDJに「犯人」としてつるし上げられて、本人がかなり激怒した、
ということもありました。

ところで、昨年の秋から日本では「危険なアネハ」をはじめとした建築物の耐震偽装問題が出てきました。
この事件が発覚した当時、ある人が「日本は性善説の国、アメリカは性悪説の国」と話していました。「1級建築士」という
肩書きを持った人が建築物の構造計算をしたのだから大丈夫だろう、と日本人は考えていたのです。逆にアメリカでは、
家を建てるときでも、幾重にも慎重に物件の調査をするのだそうです(ちょうど、昨年末に長谷川滋利さんのトークショーでも
この話題が出ていました)。

この増強剤の問題も、その意味では性悪説に立ったアメリカらしい出来事じゃないかと思えてきます。これは別に、
増強剤を使うことが良いというわけではありませんが、わずかでも怪しいと思えばとりあえず名前を挙げてみる、
それから徹底的に追求し追い詰めようとする姿は、まさに性悪説と言えるでしょう。しかし、性悪説が必ずしも
万能でないことは、MLBの歴史でも明らかです。かの「ブラックソックス事件」では、本来は「白」かもしれない
ジョー・ジャクソンも永久追放となり、有名な言葉「うそだと言ってよ、ジョー!」(Say it ain't,Joe!)が生まれました
(いや、この言葉自体がうそかも知れないけど)。ただMLBとしては、ジャクソンも「黒」という見解なのですが。

ともかく、多くのファンが言いたい言葉は恐らく、「本当だと言えよ、バリー!」(Say it is,Barry!)かもしれません。
それくらいにボンズは追い詰められてきました。一方では、性善説でも性悪説でもない慎重かつ中立的な
MLBの調査が待たれるところです。今シーズン開始前にMLBはまた難題を抱えてしまいました。

by nono_aibon | 2006-03-09 23:56 | MLB
2006年 03月 07日

A death of Mr.Baseball(from"最強コンビ!!")

Puckett dead at 44 following stroke(CNNSI)
Twins organization saddened by death of Kirby Puckett(Minnesota Twins News)


ワールドシリーズの第6戦というのは、過去にも神憑り的な試合が数多く存在します。その中でも1991年のワールドシリーズ、
ブレーブス@ツインズの第6戦もその中の1つに含まれるでしょう。ブレーブスに王手を掛けられたツインズは、
カービー・パケットの好守と一振りで息を吹き返し、第7戦に勝利を収めワールドチャンピオンになります。恐らくこのときの
シリーズを鮮明に覚えているのは、自分が生まれた初めてリアルタイムで接したワールドシリーズだったからかもしれませんが、
パケットという、期待にキッチリと応えてくれる、決してメジャーな都市ではないミネアポリスとセントポールの大スターが
いたからだと思います。

自分たちはパケットの活躍をこの目で見ることができたのですが、パケットの目は緑内障に冒されていました。
1996年シーズン途中、網膜のダメージによりもうボールを見極めることができないことを悟ったパケットは、35歳という若さで、
今の大ベテランが活躍するアメリカのメジャースポーツ界では本当に若くして、引退を余儀なくされました。
その後、温厚な性格でも有名だったパケットは、そのイメージを覆される家庭内不和という事件も起こしたりしました。
今思えば、それは野球を辞めざるを得なかったことのフラストレーションが高まった結果だったのかもしれません。

2001年に史上3番目の若さで野球殿堂入りを果たします。そのときの写真がCNNSIに出ているのですが、さすがに野球から離れて、
以前のような「突貫小僧」というイメージからもかなりかけ離れなれた体つきになっています。

しかし、スター選手というのは引退後の体つきで決まるわけではありません。じゃあスター選手というのは何なのか?
好成績を残すことももちろんなのですが、それ以上に、体の大小を問わず、ファンの一身の期待を背負いながらも、
きっちりと応えてくれることができる選手じゃないかと、月並みな言葉ながらそう思います。パケットはそのことを、
小さな体、小さなフランチャイズから広い全米中、ひいては世界中に広めてくれた偉大な選手でした。それでいて、
人間味が非常に溢れる、素晴らしい人物だっとと思います。b0037148_15545555.jpg

by nono_aibon | 2006-03-07 12:25 | MLB